ついに、サイコン設置しました!!CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス レビュー

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス




少し難しくて楽しかったサイコン設置の一部始終をどうぞ!

前の記事でサイコンを遂に買いました!って報告記事を書いたんですが、待ちに待ったサイクルコンピューターが届きましたっ!!

 

 

ちなみにサイコン買ったときの記事はコチラ ↓

>> 念願のサイコン購入! CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス を買いました!

念願のサイコン購入! CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス を買いました!

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

商品自体はコンパクトにパッケージされてますが、新聞紙を緩衝材にしてショックから守られた梱包でした。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

箱だけ見るとこんな感じ。黒猫のロゴがカワイイ。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

中身を全部出してみました。左下のがサイコン本体です。スマホをかなり小さくしたみたいな形状です。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

取り付け方法についての説明書は裏表で18ケ国語!!世界中で愛用されてるってことですね。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

こちらは取り付けの解説図。かなり細かく書かれているので、慎重に見比べながら設置していけて問題ナシでした。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

パーツを袋から出しました。この時点ではどれを何に使うのかイマイチわからず。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ケイデンス(回転数)を計測するとき、サイクルコンピューターにタイヤのサイズを入力します。タイヤ側面のゴム部分に刻まれてるんですね。知らなかった。私のクロスバイクは「37-590(26×1-3/8)」なので、2068mmでした。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ハンドルの左の方にサイコンをセットする台座を付けました。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

これはタイヤの回転とペダルの回転を把握するためのスピードセンサー。これの傾きの調整が難しかった。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

スピードセンサーを上から見るとこんな感じ。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

タイヤのスポークにホイールマグネットをくっつけます。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ホイールマグネットとスピードセンサーの距離は3mm以内と指定されてます。かなり調整がんばりました。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ベダルを支えるクランク部分にケイデンスマグネットをくっつけます。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ホイールマグネットを裏側から見るとこんな風になってます。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

これで3mmくらい。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

スピードセンサーはかなり斜めにする感じです。回転数をキャッチして無線でサイコンに飛ばす仕組みです。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

ケイデンスマグネットで回転数を計測するんですね。ワクドキです。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

設置が終わったので、サイコン本体の設定に移ります。裏面にボタンが3つあり、それらを使って設定していきます。モード切替して選択と決定を繰り返します。Gショックみたいな腕時計の設定に近い感覚でした。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

裏面のMENUとACを同時押しして初期化すると、こんな画面になります。km/h(時速何キロ)表示か、mph(時速何マイル)表示かを選択。迷わずkm/hです。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

次はタイヤのサイズです。実際にタイヤに刻まれたサイズを確認して、説明書のサイズ対応表から2068mmだったので、「2068」で設定。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

次は24h表示か12h表示です。好みの問題ですが、私は24時間表示を選択しました。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

現在時刻を設定して終了です。さぁ、実走です!ちゃんと測れるかな??(ドキドキ)

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

長良川沿いのいつものコースを走ってきました。桜が超キレイです。

 

 

 

CATEYE(キャットアイ) CC-RD410DW ストラーダデジタルワイヤレス スピード ケイデンス

サイコンは問題なく計測できてるようです。こんな感じで表示されます。上が時速で右下が回転数。分速40回転の時速13kmです。遅いのは撮影するために手加減してるからです。

 

 

これで回転数と時速を常に意識しながらサイクリングが楽しめます!サイコンが気になって視線が下になりがちですが、安全に気をつけて楽しくライドしていきたいと思います。

 

 

サイコン、サイコー!!




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です