養老山の麓にある大正4年生まれの石造り!源氏橋を楽しむ

養老山の麓にある大正4年生まれの石造り!源氏橋を楽しむ




どーも、橋フェチ夫です。

 

「このサイズの橋も取り上げちゃうの!?」ってツッコミが聞こえてきそうですが、橋の魅力に大きいも小さいもないのです。

 

養老山の麓にある大正4年生まれの石造り!源氏橋を楽しむ

養老山の入り口の小川に弓なりにかかっている源氏橋。すぐに渡れそうな橋ですが、歴史がある橋のようです。

 

 

 

養老山の麓にある大正4年生まれの石造り!源氏橋を楽しむ

橋の入り口部分の石柱には「」大正四年三月」の文字が。すんごい歴史のある橋なんですね。側面に矢の形のロゴみたいなのが入っててオシャレ。

 

 

この後、ちょっとドキドキしながら源氏橋を渡って養老山をグイグイ登っていきました。

 

 

橋フェチ夫の橋探求の道は、どこまでも続くのです。(たぶん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です