一番よく行くのは木曽川にかかってる馬飼大橋です

木曽川にかかってる馬飼大橋




とりあえず木曽川行ってくる

木曽川にかかってる馬飼大橋

管理人は愛知県の西の方にある稲沢市というところに住んでいます。かなり岐阜寄りです。なので、自転車でちょっと走りに行こうと思ったときにまず目的地になったのが木曽川です。名古屋の方に向けて走っていくのは交通量も増えてあまり楽しくなさそうという直感で決めました。

 

結果としてその直感は合っていたようです。うちから木曽川まではちょうど10km。自転車に乗り始めた管理人にとっては手頃な距離でした。行って、帰ってきて20kmですからね。

 

 

 

魔界への扉が開かれる

稲沢市から渡ると岐阜県の羽島市に突入 木曽川にかかってる馬飼大橋

 

木曽川には何本も橋がかかっているのですが、管理人が専ら利用しているのが馬飼大橋です。稲沢市から渡ると岐阜県の羽島市に突入します。輪中という特殊な地形のエリアです。馬飼大橋は「まかいおおはし」と読みます。中二病を患っている管理人には「魔界大橋」と読めてしまいます。「ついに俺も魔界への第一歩を踏み出してしまったのか…。」とつぶやきたいだけです。

 

馬飼大橋はママチャリに乗っていた頃からサイクリングの終着点にしていました。ですが、クロスバイクに乗り換えた途端、馬飼大橋までの往復ライドでは満足できなくなってきていました。(負荷的な意味で。)そして、少しずつ足を伸ばすようになっていきます。

 

つづく。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です