橋の継ぎ目から下をのぞける大榑橋(おおぐればし)

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋




なんとなく走ってたら出会った大榑橋

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋

どーも、橋フェチ夫です。

 

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋を紹介します。

 

 

 

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋

「紹介します」といっても、サイクリングしてて偶然見つけた橋です。私もこの橋に来るのは初めてですし、大榑橋の漢字の読み方もわからず家に帰ってからググりました。

 

 

 

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋

上の写真の通り、橋のつなぎ目のジョイント部分に隙間があります。下をのぞける感じがスリル満点です。それほど大きくない橋ですが、4トントラックが頻繁に通るので揺れもスゴイです。(橋の上で立ち止まって撮影でもしない限り気にならないと思います)

 

 

 

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋

この地域は水害が多く治水のために作られた人工河川なんだそうです。そんな大榑川は一級河川。人工河川でも一級河川になることあるんですね。

 

 

 

輪之内町と海津市の境を流れる大榑川(おおぐれがわ)。その大榑川にかかる大榑橋

橋にも川にも歴史がありますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です