長良川に大藪大橋がかかる前は渡し舟を使っていたことが分かる石碑を発見!

長良川に大藪大橋がかかる前は渡し舟を使っていたことが分かる石碑を発見!




長良川も木曽川も、橋が架かる前は渡し舟で渡るのが普通だった。って史料を読んで知っててもあまり実感が湧かないもの。でもこんな石碑を見ると妙に説得力がある。

 

 

長良川に大藪大橋がかかる前は渡し舟を使っていたことが分かる石碑を発見!

稲沢方面から大藪大橋を渡りきった側にある大藪東バス停前。左折してくるトラックの向こう側が大藪大橋。

 

 

 

長良川に大藪大橋がかかる前は渡し舟を使っていたことが分かる石碑を発見!

大藪渡船の碑。こういう船を船頭さんが櫂で操船して渡ったんだろうなぁ。

 

 

 

長良川に大藪大橋がかかる前は渡し舟を使っていたことが分かる石碑を発見!

大藪大橋を渡った先は輪之内町というらしい。看板を見ると「かわばたくん」「もろこちゃん」というゆるキャラもいるっぽい。ゆるキャラの普及率ってスゴいなぁ。

 

 

「人に歴史あり」なんて言いますが、「川に歴史あり」だし「橋に歴史あり」って感じですね。フラッと走った先で、いろいろと発見できるのもサイクリングの醍醐味ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です